BLOG

桜の頃

2012/03/28


DSC00577.JPG

角川庭園、幻戯山房茶室、最後のお稽古です。

花もお菓子も道具も着物も、、、桜づくし!茶室でお花見気分です。
お稽古も盆点前、風炉薄茶、炉濃茶など好きな点前で
おいしくお茶をいただきます。
話もはずみます。

始めは、お菓子が好き、着物が着たい、お茶が飲みたい、など理由はなんでも、
すこしづつ好きになって、練習して、練習して、、、、
そのうち点前をしていると頭の中が真っ白になって無になる。、でも身体は動いて、点前はすすむ。
そうなると、とっても楽しくなり、もっとお茶が好きになる。
そこまでいくといろんなものが自然と見えてくるかな?

楽しいお稽古の日々でした。

 

次への準備のためしばらくは、お稽古、茶会、お休みします。


DSC00560.JPG


帯留

2012/02/22

DSC00471.JPG「転石」のうれしい小物が、紋、帯、下駄に続いて出来ました!むりやり帯留です。
子ども達のオリジナリティをひきだす!?相当面白いサッカー情報誌
ピテカントロプス」に描かれていた、若い頃のmickのイメージ画(作者garakozy)です。
とても好きで帯留?をつくってしまいました。
RollingStonesを半世紀近く見、聴き続けている中にはmickのこんな表情もありました!!


節分

2012/01/31

DSC00443.JPG立春が近づいてきましたが、まだまだ寒い毎日です。
稽古に、まっ赤な鬼のお菓子です。
鬼の表情がみんな違っててユニーク!

炉の筒茶碗、一年で一番寒い頃、客に少しでも暖かいお茶を、
との気配りで、少し厚手で筒状の茶碗を使いお茶を点てます。
水屋で茶巾を絞り、耳二つつくって準備。
薄茶の平手前とは茶巾と茶碗の扱いがちがいます。

お茶は吹雪に入れ、そろりの花入れに水仙です。


投扇競

2012/01/23

さつき会.jpg大寒に入り、寒い日々が続きます。
茶仲間と遅い新年会。
懐石でほろ酔い気分のまま、初めての経験をしました!
昔からある事は知ってはいましたが、手に取るのははじめてです。

「投扇競」、扇子で的を落とし、その落ち方などで点が入る競技。
その時代の装束を身につけ、始めてみると、結構、熱が入ります!

お茶は嶋台で濃茶、筒茶碗での薄茶でした。

 


嶋台

2012/01/17

DSC00397.JPG2012年、初稽古!
炉の濃茶、薄茶平点前です。
床の柳は輪を七つつくって、「無病息災」。
内が金色、銀色の嶋台。
狂言袴の水指、棗は鶴模様。
お菓子は「花びら餅」と「千代の春」。
おそまきながら気持ちは新年です。

炉の火と釜の湯だけの暖、昔の人はこんな風だったのですね。
寒いながらもピリリとした中での稽古でした。
久しぶりの庭は枯れた風情になっていました。