BLOG

初釜

2017/01/30
DSC02400_NEW.jpg


元日は恒例になってきた茶会でいつもお茶と遊んでいた子供達が
お抹茶を美味しく点てました!
やったね。

初釜は生徒さん手創りのおいしいお料理で
会話もお酒も進みます!

そのあと花びら餅をいただいて濃茶、
鶏をかたどった干菓子で薄茶を。

軸は円相、花入れは青磁の瓢、花は白梅。。。。
ゆったりと楽しい時が過ぎていきました。

茶会三昧

2016/12/03
尾道は人口の割りにお茶人口が多いところ、この秋は沢山の茶会を体験しました。
印象深かったのが「国宝浄土寺の源氏絵茶会」室町時代の源氏絵屏風が展示され
献茶式があり、濃茶席、薄茶席、煎茶席、点心席がそれぞれ普段入れないような場所に設けられ厳かな気持ちでお茶をいただきました。

DSC02377.JPG


「出雲屋敷おちゃのわ」豪商の古い建物と改築された蔵をつかっての茶会。
まず1階の和室でお迎えの煎茶。2階の見晴しのよい和室で八寸、お酒もありなかなか豪華。
次に1階の洋間に移って温菓子、目の前でお饅頭をつくるのを見てそれを暖かいうちに頂く。
 そして少し歩いて侘びた離れの茶室でよく練られたおいしい濃茶。
その後10分位離れた蔵で台湾茶を飲み、部屋を出てテーブルと椅子で軽く薄茶を頂いて終わり。
点前は略しながらもおいしくお茶をいただきました。
この町には古くていい物が多くあり、文化もつながっているのがいいです。

DSC02390.JPG


お稽古で茶の場所を二畳ぐらいの玄関に設えてみました。
遊びに来た方は椅子や緋毛氈に坐りお喋りに花が咲いていました。

DSC02374.JPG

花をいれる

2016/07/25

DSC02353_NEW.jpg

すっかり夏になりました。
お稽古は暑くてもつづきます。

皆それぞれ、庭や山道、あぜ道などで草花をつんできて
花を入れてみました。
花入れは竹や籐です。
はじめてなので好きなようにやってみよう!

何度も花を摘んで、なじんでいくとそれぞれの個性が
でてきて面白くなりそうです。

お茶の稽古はガラスの棗に葉ぶた、夏茶碗で涼しげに。

草花の中でのお抹茶もいいですね!


足立美術館

2016/02/23
瀬戸内から雪の吹ぶく中国山脈を越え山陰にある
足立美術館に行ってきました。
「庭園が日本一」と世界が認めていることは知っていたけれど
スケールの大きさや細やかな手入れには感心しっぱなしです!
どこからみても完璧な景色が額に収まっている様子。
雪が降って一段と風情がまします。

そして寿立庵。
桂離宮の茶室のおもかげを写したという茶室。
庭園の白梅や松、笹、岩、苔など、、、
すばらしい調和です!
雪見障子から庭を眺めながらおいしくお茶をいただきました。

今度は着物を着てこよー!

DSC01059.JPG

師走の茶会と年明けの茶会

2016/01/03

DSC02203.JPG


年の瀬はみなさまやはり急がしそうで少人数。
おしゃべりしながらおいしく飲んでいかれました。
お酒で年越しは誰もいません。
暇なのは私たちだけだったのかな?
主菓子は「遠山」干菓子は「木枯らし」「雪輪」
今年は暖かなんだけどね。


IMG_3543.JPG


元旦は3年目の恒例になった初詣と茶会。
いつも緋毛氈に座ってなんだろうなーって
顔して見ていた4歳の子が
突然お兄さんの隣に座ってまねをしながら茶碗を暖め
茶をいれ点ててお客さまに出すまでやってしまいました!
ビックリ!だし感激しました!

子供ってすごいなー
いい年明けです!!