花に追われて。 - 新BLOG

この夏の異常気象のせいか秋になっても
なかなか花が見つかりません。
突然やってきた花におおよろこび!
799A6018-C103-42E8-A678-2F628F4C3506.jpeg

どこでも茶会 <千光寺山> - 新BLOG

DSC02587.JPG
DSC02587.JPG

11月のお稽古、茶箱をもって紅葉狩り。
尾道一の観光地、なのに場所によっては人がいません。
のんびり準備をしていたら
千葉から来た二人組みの女の人。
お抹茶いかが?に即反応。
はじめての体験でしたがお菓子の「いのこ」の由来等
興味津々で楽しんでいました。

スペイン人の彼女とブラジル人のカップル。
言葉が通じなくともおいしそうにお茶をいただき
すすめるままに茶箱の前に坐り茶を点ててくれました
やはりどこでも茶会はおもしろい!















お抹茶どうぞ - 新BLOG

DSC02551.JPG

日曜日のお稽古のとき
抹茶を飲みにふらりと入る人がいるといいな、
と準備をしてみました。

知り合いは来てくれましたがまだです。
時どきやってみようと思います。

どんな格好でも少しの時間でも
お菓子とお茶を楽しんでもらいたいです。


DSC02545.JPG

お盆の茶 - 新BLOG

DSC02522_ぼんNEW.jpg

今年で3年目、3歳と11歳だった2人も
おいしいお茶を点てるようになりました!
6歳になった子は大好きなお兄ちゃんにいつもくっついています。
まだ1人では点前座には坐りません。

楽しくなって皆のお茶を点てちょっとお疲れの様子です!

毎年冬と夏の恒例行事になりました。


DSC02526_NEW.jpg

七夕の茶事 - 新BLOG

DSC02502.JPGのサムネール画像

DSC02513.JPG


5月のお稽古で茶事の話がでて
一度皆でやってみよう!ということで準備が始まりました。
料理が大好きで研究熱心な人が「料理担当します!」と心強い言葉。
まずは道具をある物+で考えてみる。
みんなで勉強!

素敵に出来あがった料理を並べメモを片手に無事始まりました。

献立は

汁   粟麩 八丁味噌 刻み大場

向付  ほうれん草と焼穴子の白和え

煮物  鱧葛叩き

焼物  鮎の塩焼き 

預鉢  夏野菜の梅肉ぜりー酢かけ
    枝豆の湯葉和え 酢橘絞り

強肴  クリームチーズの醤油麹漬

小吸物 昆布 酢橘

八寸  唐墨 陸ひじき

湯斗
 
香物  沢庵 胡瓜浅漬 茗荷の甘酢漬

このあと主菓子「七夕」をいただいて席を立ち
痺れた足などほぐし濃茶点前に入ります。
その後続けて薄茶をいただいて終わり!

おいしいお料理にキリリと冷えたお酒でもう、大満足!
たどたどしくも楽しい茶事でした。

こころ残りは一品ずつの料理の写真が撮れなかった事!









茶を楽しむヒント - 新BLOG

広島の情報を発信する雑誌「FLAG!」
<vol:08 茶を楽しむヒント>に転石が掲載されました。


IMG_20170703_0002.jpg


IMG_20170703_0003.jpg


IMG_20170703_0005.jpg

IMG_20170703_0001.jpg

浄土寺山 - 新BLOG

浄.jpg

少し昔 東京での<どこでも茶会有栖川公園>に来てくだっさた方が
尾道を旅して久しぶりの再会。
茶の仲間と3人で茶会をしよう、
ということで最小限の道具をリュックに入れて浄土寺山へ。
30分かかって目的地へ。大汗。

すばらしい景色と
爽やかな風。

流儀のちがうお茶の点て方。
どちらも最高においしい!!

会話が風にながれていきます。
ゆったりと気持ちの良い時間をすごしました。

IMG_20170415_sakura.jpg


うちの桜 今年は吉野桜です。

初釜 - 新BLOG

DSC02400_NEW.jpg


元日は恒例になってきた茶会でいつもお茶と遊んでいた子供達が
お抹茶を美味しく点てました!
やったね。

初釜は生徒さん手創りのおいしいお料理で
会話もお酒も進みます!

そのあと花びら餅をいただいて濃茶、
鶏をかたどった干菓子で薄茶を。

軸は円相、花入れは青磁の瓢、花は白梅。。。。
ゆったりと楽しい時が過ぎていきました。

茶会三昧 - 新BLOG

尾道は人口の割りにお茶人口が多いところ、この秋は沢山の茶会を体験しました。
印象深かったのが「国宝浄土寺の源氏絵茶会」室町時代の源氏絵屏風が展示され
献茶式があり、濃茶席、薄茶席、煎茶席、点心席がそれぞれ普段入れないような場所に設けられ厳かな気持ちでお茶をいただきました。

DSC02377.JPG


「出雲屋敷おちゃのわ」豪商の古い建物と改築された蔵をつかっての茶会。
まず1階の和室でお迎えの煎茶。2階の見晴しのよい和室で八寸、お酒もありなかなか豪華。
次に1階の洋間に移って温菓子、目の前でお饅頭をつくるのを見てそれを暖かいうちに頂く。
 そして少し歩いて侘びた離れの茶室でよく練られたおいしい濃茶。
その後10分位離れた蔵で台湾茶を飲み、部屋を出てテーブルと椅子で軽く薄茶を頂いて終わり。
点前は略しながらもおいしくお茶をいただきました。
この町には古くていい物が多くあり、文化もつながっているのがいいです。

DSC02390.JPG


お稽古で茶の場所を二畳ぐらいの玄関に設えてみました。
遊びに来た方は椅子や緋毛氈に坐りお喋りに花が咲いていました。

DSC02374.JPG

花をいれる - 新BLOG


DSC02353_NEW.jpg

すっかり夏になりました。
お稽古は暑くてもつづきます。

皆それぞれ、庭や山道、あぜ道などで草花をつんできて
花を入れてみました。
花入れは竹や籐です。
はじめてなので好きなようにやってみよう!

何度も花を摘んで、なじんでいくとそれぞれの個性が
でてきて面白くなりそうです。

お茶の稽古はガラスの棗に葉ぶた、夏茶碗で涼しげに。

草花の中でのお抹茶もいいですね!

ブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01